栃木県栃木市で各種金属の切削加工なら株式会社 福島製作所におまかせください!

 

社長のブログ

 

社長のブログ

社長のブログ
フォーム
 
筑波山
2019-05-03
朝陽が通うことになった筑波大学。
引っ越し等で何度か通うたびに目にした雄大な筑波山。
日本百名山のひとつなのだからと妻と一緒に登ってみた。
といっても麓から登るのではなく、途中まではケーブルカーを使ってだ。
展望台まで行って、そこから女体山、男体山の二つの峰へ登る。
7メートルほど高い女体山の方がなだらかで、少し低い男体山は急峻だった。
二つの山の頂上で記念撮影。
「今度は下から登ってみる?」「うーん、鍛えないと無理でしょ」
 
栗田美術館
2019-05-02
足利フラワーパークに隣接する栗田美術館。
焼き物に興味がある妻が、「行ってみたい」と言っていたので立ち寄ってみる。
小高い山ひとつが全部美術館で、いくつもの建物がテーマごとに建てられていて、その格式の高さに驚く。
焼き物のなかでも、「伊万里」「鍋島」のみに魅せられた個人蒐集家 栗田英男。
日本で最初に作られた磁器で、ヨーロッパ人に愛された「伊万里」。
こんな宝物のよう美術館が、こんなに近くにあったとは知らなかった。
思わぬ発見だったけれど、ここは行ってみて本当によかったと思える。
 
足利フラワーパーク
2019-05-02
足利フラワーパークに満開の藤の花を見に行く。
ゴールデンウィークだからと覚悟していたが、あまりの人の多さにビックリ。
しかもそのほとんどが外国人だ。
異国語が飛び交うなか、照りつける強烈な日差しを避け、満開の白藤の花のトンネルを歩く。
ゆっくりとそぞろ歩く余裕もないが、今が盛りの藤の花のボリューム感はさすがだ。
トンネルを抜けると青空に映える白藤がものすごくきれいだった。
 
栃高書道部 パフォーマンス
2019-05-02
山車祭りの途中に開催された栃高書道部の書道パフォーマンスを見る。
息子が在学中にお世話になった先生方もたくさん見に来ていた。
サザンオールスターズの曲などが流れる間に作品を書き、最後に「栃高」の朱印を押す。
大きな紙に一発勝負で字を書くのは、やり直しがきかないから大変だ。
新元号「令和」に始まり、校訓「進取創造」そして栃木市のシンボル「蔵の街」
3つの作品を高く掲げ、会場からの惜しみない拍手を浴びて、栃高書道部の彼らも誇らしげだった。
 
 
とちぎ山車祭り 春の陣
2019-05-02
社員の稲葉君に教えてもらった「とちぎ山車祭り」に行ってみた。
爽やかな青空のもと、これだけの山車が一直線に並ぶと圧倒的だ。
あたたかな日差しに照らされ、山車を覆う赤や黄色の刺繍が煌びやかに映える。
ただ、山車間が狭いためお囃子の音色が聞き取れず、何だか騒々しい感じになったのはちょっと残念。
でも祭りなんだから騒々しくて当たり前か。
qrcode.png
http://www.kk-fukushima.co.jp/
モバイルサイトにアクセス!
株式会社 福島製作所
〒329-4303
栃木県栃木市岩舟町和泉1192
TEL.0282-54-3191
FAX.0282-55-5622
<<株式会社 福島製作所>> 〒329-4303 栃木県栃木市岩舟町和泉1192 TEL:0282-54-3191 FAX:0282-55-5622